歯医者は痛くない?

子どもが初めて歯医者にいくときに、「行きたくない」と泣き始めた。
「痛いのは嫌だ!」といっていて、初めていった歯医者の先生が怖くて痛くされたのを覚えているみたいだった。
「歯医者は痛くないよ!痛いことされているときは、バイキンをやっつけているんだよ!」と大好きな戦隊モノにたとえて話してみた。
実は、歯ブラシが大嫌いな息子。
この機会にと思い、「歯ブラシしなかったら、もっとたくさん歯医者にいかないといけなくなるし、痛いこともたくさん増えるんだよ!」と教えた。
その日の夜、進んで歯ブラシをしていた。
子どもって素直だなと改めて実感した。
そして、歯医者にいくと、「痛くしないでください」と自らいっていたのだ。
それには笑ってしまった。
私も昔は歯医者がきらいで、よくいく前から泣いていたなと思った。
それを思い出すと、息子が泣いているのを叱ったりはできない。
「痛いこともあるけど、後で痛くなるともっと痛いので、歯医者は早くいったほうがいいのだよ」と教えた。
教えながら納得してもらうのは大変だが、痛くても歯医者にいくというのをわかってほしいなと思った。